読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫じゃらしを予約なしで買うならココっ 2017年度 おもちゃティーザーワンドがセールに関係なしの安さ♪キティー

安い
釣竿のおもちゃが大好きで、以前台湾で買ったのを与えて壊されて以来探していました。グリップも良いし、しっかりしたつくりなので買ってよかったです。一緒に購入したキャットキャッチャーの方が夢中で遊んでます。

こ、これですっ♪

2017年03月19日 ランキング上位商品↑

キティー ティーザーワンド おもちゃ 猫じゃらしキティー ティーザーワンド 羽付おもちゃ 猫じゃらし ねこじゃらし 【全品送料無料】

詳しくはこちら b y 楽 天

今のところ!まだ破壊されていませんが!金具部分&羽根の耐久性は短そうかな・・・。値段が高い割に安全性がかなり低いと思ったので☆はマイナス2にしました。竿の改良が出来ればリピしたいです。これはそういうことも無いので良かったです。鈴の音もいいですし!羽根の動きもきれいでしたが!あまり遊んでくれませんでした。お!このおもちゃは当たりかと思いましたが!遊び始めて3分ぐらいで羽全部をむしりとられてしまいました(根本をかじられいっぺんにずぼっと全部ぬけてしまいました)。耐久性や安全性がもう少し良くなると完璧なおもちゃになると思います。竿は中々のしなりで良い。くたびれたらリピートします。ダバードよりもお気に入りです。食い付きは良くかなり遊びます。========■サイズ:全長約165cm!柄の長さ約90cm!ヒモの長さ約50cm!羽根の長さ約15cm!グリップ約13.5cm■原産国:中国飽きっぽい姫(猫)の為に購入。うちの2匹の猫は!開封した瞬間から狂ったかように飛びついてきました。羽の動きが軽やかで!大きさや長さの異なる羽が付いていて!ふわふわふわ〜っと軽やかに舞うではありませんか!!猫だけではなくて遊ばせている私も楽しめました(笑))遊びすぎて無残な姿になりましたが…もう少し耐久性があればと思いますが!そのいっぽうで!この本体とこの羽の軽さだからこその動きなのかな…とも思いました。自分でくわえてひきづれるほうが良いみたいです。あと、猫が飛びついた時に羽とテグスを組み付ける金具部分に爪が引っかかり危ない体制になることが何度かありました。ナイロンの紐に丸まった癖が付いているので、動かしにくい。羽が外れやすいので、そこの所はもう少し強化していただけるようお願いしたいです。12才のネコですが・・楽しそうに遊んでます。お気に入りの羽根おもちゃの1つ:Da Bird(ダ バード)と比べて!本体と羽根は軽量!グリップ部分も持ちやすく!コンパクトサイズになるので!引き出しに問題なく収納可。これ、今までで最高のネコじゃらしです。プレゼントにもおススメ。箱から出して揺らした瞬間、一目散に走って飛びついてきました。うちのニャンには100均のじゃらしで充分だったかも。竿の長さが調整出来るようになれば!安全性がぐっと上がると思います。しまうのにもコンパクトになるので助かりますニャンズも我先にとダイエットになるかな(^^)ダ・バードに比べて大きさは少し小さめ、羽はこちらの方がとても柔らか。目の色が変わるほど 大好きなおもちゃです。Da Bird(ダ バード)は重さがある分!スピード・羽音もでるので!ハンター好きの本気度MAXで遊ぶ猫ちゃん向きのように思うのですが!こちらはそこまで激しくないので!ビビリ・穏やかな猫ちゃんも楽しく遊べそう。楽しみです。早い発送で、すぐ届きました。弾むような軽やかな動きに魅せられて!また注文しちゃいましたけど(笑))飽きっぽい我が家の猫ですが!このおもちゃにはあきません。でも、お試しの結果、お気に入りおもちゃの仲間入りしたので、替え羽根のストックせねば。振る方向・落とす位置などコントロールしやすいし!猫のカラダに間違って当たってしまってもケガの心配はなさそう(目など!誤飲は除く)。鈴の音にびびって近寄らない。送料無料期間中を利用して!猫の大好きな羽根おもちゃの釣り竿タイプをお試し購入。釣り竿タイプで、透明なヒモ(?)なので、羽だけが動いて見えるのが余計いいみたいです。我が家の猫たちはDa Bird(ダ バード)向きなので!このおもちゃはテンションが少し下がりますが!楽しく遊べてます。ただニッケル部分は噛ませない様に気をつけなければならないですね。軽いので取り回しも楽。合わせてスペアの羽も買ったんですが、一瞬で壊されるのが怖くて使っていません。あんまり興味を示さないうちのにゃんも!これだけはおしりフリフリ!目がクリクリで飛びつきます。思ったより竿の部分が長く、猫の目に刺さらないように注意しながら遊ぶので、割と神経を使います。獲物にかじりついて遊ぶ性格の子に対しては脆い作りだと思います。ダ・バードは濡らすと色落ちするので!愛猫が噛んだりすると心配でした。